Posts Tagged: 聖地

宇宙のおとぎ話、出版のお知らせ

20年の時を経て

この『宇宙のおとぎ話』は、シャスタのストーニーブルックインのオーナー、スサナさんにより書かれたブログです。
20年前、サンフランシスコのアパートで自動書記で降りてきたお話を、10年前2007年の2月から、シャスタの地でブログ形式で、約5か月かけて書き起こされました。

このブログの存在を知り、読み始めてから、ぜひ一冊のまとまった本で読みたいと思うようになりました。
そこで、許可をいただき、ブログを編集、このたび一冊の小冊子として自費出版させていただく運びとなりました。

2016年12月10日に印刷版を完成、12月21日の冬至に印刷された小冊子が納品されました。
表紙の裏面、表2、表3にはスサナさんのシャスタの写真も掲載しています。

宇宙から来たライト君と、3人の子供たちが繰り広げるストーリー、ぜひ手に取っていただけたら嬉しいです。

お申し込み先など

【お知らせ】2017年2月28日をもってお申込受付は終了いたしました。

『宇宙のおとぎ話』の始まりは・・・

冒頭は、こんな形で始まります。

青く光る小さな星

むかし、むかし、宇宙のあるところに、青く光る小さな星がありました。宇宙にはあまりにも沢山の星があるので、こんなちっぽけな星には目もくれず、長い間、宇宙の片隅に忘れ去られていました。

ところが、急にこの誰も知らない星が他の星の人々から大きな注目を集める時代がやって来たのです。宇宙の歴史の中で、ある輝かしい出来事が、この星に起こり始めていました。

そんな重大な事が目の前に迫っているとも知らず、その小さな星の住人達はいつもと変わらない暮らしを続けていたのです。

他の星の人々が、なんとかしてこの星の人々にその事実を伝えようと近づます。でも、いつも失敗!あまりにも人々がこわがってしまうので、姿をあらわすことができません。

しかたがないので、遠くからそっとやさしくその星を見守っていました。

つづきは小冊子で

◆著者プロフィール――――――――――――――――
スサナ(鈴木弘美):東京生まれ。
多種多様の職業を通して人間の深い部分での真の本質に触れ始める。
1996年、チャンネリング・自動書記・内省・ヒーリング活動等、本格的に『人間の生き方』に対する魂の旅へと入る。
2001年、世界七大聖山のひとつであるシャスタ山の麓にて、B&Bホテル、ストーニー・ブルック・インの経営を始め、
現在も世界中から訪れる人々の為のゲート・キーパーとして、この聖山の愛のエネルギーを紹介し続けている。

2017年1月にシャスタより届いた写真 Photo by Suthana

2017年 シャスタカレンダー販売のお知らせ!

シャスタの氣がぎゅっと詰まったカレンダーが出来上がりました!
今年は冊子タイプの壁掛けカレンダー(A4サイズ)です。
2016年12月分+2017年の12か月分、13のシャスタの風景をお楽しみください。


【お知らせ】2017年2月28日をもってお申込受付は終了いたしました。

毎月の満月、新月の時間並びに、春分、夏至、秋分、冬至の時間も掲載しています。
(国立天文台データより)

%e3%82%ac%e3%83%8d%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

 

0-cover

0-cover-2

2016-12

2017-1 2017-2 2017-3 2017-4 2017-5 2017-6 2017-7 2017-8 2017-9 2017-10 2017-11 2017-12

(終了しました)シャスタ・神秘の旅☆新月・祈りのリトリート

シャスタ、神秘の旅新月・祈りのリトリート

夏のバケーション・シーズンもひと段落した、秋のシャスタ。
クリアーなゼロの場、シャスタの光につつまれて、
新月の祈りを宇宙に届けてみませんか?

【ご挨拶】
初めてシャスタを訪れたのは、仕事を辞め、アメリカから帰国する2010年の夏至。
人生の区切りに訪れて、すっかりシャスタにハマって通い続けています。
その魅力をご紹介したいと企画していますが、案内できる人数が限られております。
シャスタが氣になっている方、ぜひこの機会にご参加ください。

【リトリートのポイント】
・秋・紅葉のシャスタを巡ります。♪
・ストーニーブルックイン裏庭で新月のスウェットロッジに参加します。
・5連泊し、1日2か所位までの訪問で、シャスタをゆっくり感じていただけます。
・個室利用なので、ひとりの時間も内観など思い思いにお使いください。
・シャスタ山の隠れ里、可愛らしいマクラウド町に滞在します。
・5人までの少人数で、ゆっくりまわります。

【参加者の声】
Mさん 毎日朝日をみると光が降っていることに喜びが沸き、空を見ると宇宙とつながっていると感じています。
シャスタで見た感じたすべてのことを思い出すと、とにかく満たされた気持ちになります。
・・・・つづきはこちらから 秋分直前のシャスタリトリート9月15日から9月20日まで ご参加のMさんより

Iさん シャスタに足をふみいれたときに・・・パズルのピースのひとつひとつが踊りだるのじゃないかしら?と出発前は思っていました。実際にいってみたら ・・・・つづきはこちらから 夏至・光のリトリート6月20日から6月27日まで ご参加のIさんより

秋の朝日

野生のブラックベリー

リトリート日程など

【日程】メドフォード空港(MFR)集合・解散 9月28日(アメリカ着)~10月3日(アメリカ発)5泊6日間 ※日本帰着10月4日 5泊7日間
【宿泊】ストーニー・ブルック・イン ベッド&ブレックファスト
  【重要】旅行会社主催のツアーではありません。任意で参加者が集うグループ旅行です、海外旅行傷害保険には必ず加入してください。アメリカへの渡航にはESTAの取得が必要です、各自お取りください。
【参考】ユナイテッド航空チケット代(燃油・税金込往復の金額、7月23日現在):成田発102,860円、関空発103,290円

お問い合わせ方法

リトリートのお問い合わせ先:
お名前、住所、電話番号、生年月日、メールアドレスを明記の上メールにてお申し込み下さい。
shastayuko(a)hotmail.com ※(a)を@に変えてお送りください。
または、お申込・お問い合わせからお問い合わせください。
※三日以内に回答がない場合はメールが届いていない可能性があります。お手数ですが再度ご連絡お願いします。その場合は、コンタクトフォームから送信下さい。
お問い合わせ、お待ちしております♪

私たちの住む地球は、約26,000年周期の歳差運動をしながら、コマのように太陽の周りを巡る星です。
レムリア伝説では13,000年前にあった大陸と言われ、歳差運動周期の『結んで開いて』のように、
何か影響を受けながら歴史が進んでいるようなロマンも感じます。
そんな伝説も残るシャスタで、どんなことを感じるのでしょうか。
それは、旅をするあなた自身が実際に訪れて感じてみてください。

シャスタ、魂の帰郷

代表的なシャスタの見どころをご紹介します。

注:代表的な場所をご紹介していますが、すべてに行くわけではありません。

パンサーメドウズ

パンサーメドウズ

夕日に染まるシャスタ山

夕日に染まるシャスタ山

バーニーフォールズ

バーニーフォールズ

メディスンレイク

ハートレイク

キャッスルレイク

マクラウド・ミドルフォールズ

ストーニーブルックインのダイニングルーム

ストーニーブルックインのダイニングルーム

ストーニーブルックインの朝ごはん